フロントページにご注意いただきたいことを追加掲載しました。

非常に残念なのですが、フロントページ(この新着情報の真上)に

ご注意いただきたいことを追加掲載させていただきました。

「愛護団体」だということで、「拾ったから引き取ってください。」という依頼が

ひっきりなしに来るようになってきました。

拾ったばかりの子猫や子犬は(大人の犬や猫もですが)どういった病気を持っているか

わからず、病院へ連れて行く必要があります。

そういった費用は、私たちはすべて自腹で賄っています。

それに加え、自分たちで保護した動物たちが常にいるので、新たに保護をする

場所がない、または万が一病気を持っていた場合その他のたくさんの動物たちを

感染症などの危険にさらしてしまう恐れがあります。

そのため、申し訳ありませんが病気を持つ動物(特に感染症)、生まれたばかりで

手のかかる子犬や子猫などは、引き取りをお断りさせて場合がございますことを

どうかご理解ください。

まだまだできること、できないことを模索している途中です。

少しでもできることを増やしていくつもりですが、当面はこのような対応をせざるを

得ないこと、切にご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

子猫の里親様が見つかりました。

ミルクから育てていて、成長を見てワクチンを打ってから本格的に里親様を

探そうと思っていた子猫に、ひょんなことから新しい里親様が見つかり、

連れて行ってもらうことができました。

本当は、ミルクからずっと育てて、私の後をついて歩いて一緒に寝ていたので

もうこのまま手元に置いておこう…と考えていたのですが。

連れて行ってくださるとの言葉に、うーん…と悩み…でも、ここにいるよりも

一匹でご家族にかわいがってもらえるほうが、きっとこの子(ミィってすでに

呼んでました…)にとって幸せだよね…と苦渋の決断で

お渡しさせていただきました。

もちろん里親様が見つかって嬉しい気持ちもたくさんあるのですが!

さみしくて、昨夜は抜け殻でした(笑)。

本当に本当に手をかけて大切にして可愛がって育てた子なので…

里親様、どうか幸せにしてあげてください!

私の心からのお願いです。

また後日、写真アップします。

ご厚意で寄付もいただきました。ありがとうございました。

また保護犬・保護猫が来たら、その子たちに使わせていただきます。